TOP > 紫外線によるシミに有効な治療法

紫外線によるシミに有効な治療法

紫外線を浴びたことによりメラニン色素の生成量が増え、その結果シミになってしまったという場合には、Qスイッチレーザー、ケミカルピーリング、イオン導入などの治療が有効です。Qスイッチレーザーはシミだけでなく平らなホクロやあざにも有効です。

このサイトで東京の過払い金は絶大な支持を受けています。

黒い色にのみ反応してその色素を破壊する仕組みになっていますので、周辺の健康な皮膚にダメージを与えることはありません。

色素を破壊するとはいっても非常に肌に優しい方法ですので、リスクは高くないと考えて問題ありません。


色素を破壊することにより剥がれ、浮いてきます。

それがかさぶたになり、かさぶたがなくなればきれいな肌になっています。

ケミカルピーリングによる治療では、酸の力を利用して肌表面の古い角質を取り除きます。
古い細胞がなくなることによりターンオーバーが活性化されて、シミも改善されます。

ターンオーバーが整うということは、シワやニキビなどの他の肌トラブルにも有効ですので、他の目的で治療を受ける人も多いようです。

イオン導入は、アンチエイジング対策として有名です。



肌に微弱な電流を流すことによってイオンバランスをコントロールし、美容成分を肌の奥深くまで浸透させます。
顔に塗るだけのケアよりも数十倍の浸透率を実現することができますので、美白作用のある美容成分を浸透させればシミへの効果もかなり高くなります。



イオン導入を行う前にケミカルピーリングによって古い細胞を剥がしておけば、更に効果はアップします。