特定調停後の過払いの返還

by author



借金の返済が難しくなって特定調停を申し立てて、調停が成立すれば、その後は借金の問題を気にせずに生活を送ることが出来るでしょう。

しかし、よく考えてみると過払いが発生していたかも知れないと、後から気づくこともあります。


もしも過払いが発生していれば返還請求することは可能なのでしょうか。

このサイトで東京の過払い金は絶大な支持を受けています。

これについてはケースバイケースですが、返還請求が出来る可能性は高いと考えられます。
特定調停は簡易裁判所で行われ、調停委員が主導します。

早く調停を成立させるために、取引履歴の開示が行われないケースが、実は多くあります。
特定調停は、そのときに提出された書類を元にして行われますが、このときに取引履歴がなければ正確な金額で和解したとは言えないでしょう。

このような状態であれば、調停が成立していたとしても過払いの計算からやり直すことが出来るケースもあります。調停が成立していても、取引履歴を開示請求して、引き直し計算を行います。そして、その結果として過払いが発生していたのであれば返還請求を行うことが出来る場合もあるのです。



特定調停が成立していれば、それですべてが完了してもう手がつけられないと考えてしまう人もいると思いますが、実際にはそうではないケースも多々あります。ですから、特定調停が成立していたとしても、過払いが発生している可能性があるのなら法律の専門家に相談するのが良いと考えられます。


たとえば弁護士事務所などに相談してみると返還できるかどうか教えてくれるでしょう。